抗がん剤治療

抗がん剤治療

pixta_9747743_S.jpg
最近は色々なタイプの抗がん剤が出てきて、副作用も少なくなってきましたね。

私がまだ看護師になりたての頃は、抗がん剤をすると嘔吐や気分不快でもう大変と言う方ばかりでしたが、最近では制吐剤と一緒に抗がん剤を使うことで副作用も軽減しています。

それでも、抗がん剤は患者さんにとっては負担が大きな治療ですね。

私はがんセンターに勤めていたので、毎日抗がん剤を扱っていましたが、患者さんの体に合う抗がん剤を見つけるまでは、やはり苦しい思いをする方が多いです。

最近ではがん治療も向上し、治るケースも多くなってきました。

以前だったら、がんの告知をどうするか?で揉めるケースもよく見かけましたが、最近はしっかりと本人にムンテラをすると言うドクターが多いですね。

がん治療はがんセンターの様に、がん専門の病院で受ける場合と、総合病院で受ける場合とがありますが、ドクターの経験や薬剤師、その他のスタッフなどの知識や技術などを考えると、がんセンターで治療をした方が予後が良いケースが多いと思います。

2014年12月29日|